mochrom もくもくモクロム

大人ってくそ楽しい

eyecatch_otona

2012/01/14 19:11

category : column
tags :

学生に対し、恐ろしい言葉で脅かす大人たちがいる。

大人は甘くない、ととにかく脅かしてくる。

確かに大人は甘くない。住民税だって左遷だって慰謝料だってすぐそこに潜んでる。

とはいえ頭を抱えるほど恐ろしいものでもないんじゃないか。

学生たちに恐ろしい言葉で脅かす隣りで、僕は笑ってやりたい。

それはあなたの生き方が下手くそなだけじゃないかって。

 

結局は世代じゃない。個人の能力でしかない。

大人はくそ楽しいのだ。

なんといってもまず自由である。残酷なほど自由である。

おやつは300円以上買っていいし、バナナはおやつに分類しなくてもいい。

中間テストも無ければスカートの裾の長さを気にすることも無い。

酒だって煙草だって呑める。

恋愛だってスリル満点で楽しい。なんせ物理的にも経済的にもフィールドが広い。

その駆け引きは学生時代とは比にならない。

ましてやそこに自己責任までついてくる。くそ楽しい。燃えるに決まってる。

たくさんの選択肢を手駒にし、その中から最良の人生を選び実行する。

磨けば昇り、怠れば転落する。それは厳しさではなく楽しさだ。

 

大人ってなんだろう、なんてぐだぐだ悩まず働けば良い。

働いて泣いて笑って感謝して感謝されれば大人の完成である。

そんなあなたを「子ども」なんて言う人はいないはずだ。

 

そんな楽しい大人の世界を、なぜ一部の大人たちは悲劇的な言い回しで下の世代を脅かすのだろうか。

なぜ希望に満ちた先を見せず、理不尽な世界の仲間に入れさせようと必死になるのか。

実はうっすら気付いてる。それは自分が磨きを怠ったこと、惰性で進んでしまったこと。

それをいっしょくたにして大人の代名詞にすり替えて、理不尽だ理不尽だと大人であることを嘆いてる。

 

僕は選択肢が自分にあることを子どもたちに見せつけたい。

300円を握りしめた子どもの横で、うまい棒100本買いたい。

良い女と一緒に血気盛んな男子校の周りをいちゃいちゃ歩きたい。

お前ら羨ましいだろう、悔しかったら早く大人になれ、と。

それにはうまい棒100本買える財力や、良い女を隣りに歩かせる恋愛スキルを僕も持たなくちゃいけない。子どもたちの目を輝かせる為だ。僕は裏で彼女に土下座だってするだろう。

 

大人はくそ楽しい。

そして家族に見守られ、目を閉じるその瞬間まで、人生は絶対的に楽しいはずなのだ。

がんばれ学生。俺ちょう楽しいぞ。

 

エヒタ


TrachBack URL
http://blog.mochrom.jp/column/365/trackback/

comment

comment form